審査に落ちる理由

キャッシングの申込み時には必ず審査があります。誰にでもお金を貸せれば消費者金融側にも利益が出ますが、お金を貸す時には、返ってこないというリスクも伴います。貸したお金が返ってこなければ大きな損失となるので、融資したお金が戻ってくるかどうかを判断する審査は、とても重要です。

 

もちろんキャッシングを利用する側としては、審査に落ちるのは避けたい所です。消費者金融が審査を行う際には、今までの膨大な顧客データから、返済してくれるかどうかを診断します。では派遣社員だと借りられないのか、持ち家がないと借りられないのか、というと、そういうわけでもありません。審査では様々な項目を総合的に判断するため、断片的に審査に落ちるわけではありません。ただし、ある項目については、それ1つで審査に落ちてしまうという事例が2つあります。

 

1つは虚偽申告です。無職なのに働いていると嘘をつく、住んでいる住所や連絡先で嘘をつく、こういった虚偽の申告をすると、高確率でバレて審査に落ちてしまいます。申告は正直に行いましょう。

 

もう1つの事例はブラックリストです。支払いが遅れたままのローンがある、未払いでクレジット契約を強制解約になった過去がある、といった場合にも、高確率で審査に落ちてしまいます。これらには注意が必要です。

 

特に審査が厳しくなる金利の低いカードローンの場合には上記の何れかの問題点があると審査には通らなくなってしまうので、申し込みを行う際にはしっかりと自身の状況を確認するようにしましょう。